心身症は心の闇から生まれる病気|ストレスは解消するべき

女の人

ストレスを溜めない技

2人のドクター

心身症にならないようにするにはストレスをためすぎないように注意しましょう。できるだけ早く発散することが大切です。心身症は心因的な不調が原因で身体に様々な影響が出るのが特徴で、代表的な病気には胃潰瘍があります。

もっと読む

増えている傾向

カウンセリング

心身症は、うつ病とはちがいます。ストレスなどが原因で、体に症状が出てしまうのです。ですから、気づきにくい病態でもあります。まわりの方の理解やサポートは大変重要となります。また、お子さんにも増えているのです。

もっと読む

ストレスが原因の身体疾患

医者と看護師

心理的要因によって身体疾患が発症したり、悪化したり状態を心身症と言います。内科や外科で身体疾患の原因が解明できない場合は、心身症の可能性が高いので精神科・心療内科に相談しましょう。心身症の治療は薬物療法と心理療法が基本です。心理療法の効果においては、患者と専門医の信頼関係が何よりも重要とされています。

もっと読む

からだも治療します

メガネをかけた男性

心身症は、こころとからだの病気であるため、受診する病院として人気があるのは心療内科です。心身症は、からだの症状が出ても検査で異常が出ない心気症とは区別されます。心身症か心気症かを見誤らないように気を付けます。

もっと読む

社会問題でもある心の病

笑顔の女性

ストレスが要因の病気

心の病気は社会問題にもなるほど患者数は増大しています。心の病は明確な症状が出ていないため、その診断は難しいのが特徴です。うつ病などとは区別されますが、症状に明確な判定基準がないため、うつ病であるにも関わらず心身症の治療を行い、回復しない状態で症状が重くなるなどのケースも増えています。心身症は、発症や経過に心理社会的な因子が密接的に関与し、機能的障害が認められる病気と定義されていますが、ここにはうつ病は含まれていません。また心身症は病名ではなく、身体疾患の病態を表現する一つの概念となっています。心身症の症状は精神的のみならず身体的な障害も出すことがあります。例えば、胃潰瘍などは胃の病気の一つですが、要因が心身症であることもあります。ストレスが一番の要因とみられていますが、それ以外の要素で発症する事もあります。特に不安になりやすい人や緊張感の強い人、あまり感情を出さない人や、自分を表現することが苦手な人がなりやすいといわれていますが、必ずしもこのような傾向があっても心身症になるとは限りません。きっかけと内部的要素がかみ合って始まって発症するのです。診断するにあたって特別な指標などは存在せず、診療内科などで診断を行います。

根気よく治療を行う

診断は主に問診となっており、日常行動の様子や状況を加味してストレスなど結びつく要素がないかを判断し、心身症と判断すればそれに向かって治療を行います。心療内科は門戸を広げていますので、そのため気になったらすぐに病院に行くことが大事です。通常の病気と変わらず放置すると症状が進行して、治りにくくなる傾向があります。そのため早期治療を行う事を心がけるのが大事になります。治療では薬物療法や心理療法を使用します。身体的疾患が生じている際には身体的疾患の治療を優先しますが、根源の解決にはなりません。そのため、まずは心理療法でストレス要因などを取り除く工夫と、ストレスと上手に付き合う方法を構築していきます。日常生活を急に変革することは難しいため、ストレスをためないような考え方や人間関係の構築などをアドバイスして実践させるのが、治療の第一歩です。少しずつ環境に適用できるように導く治療が一般的なのです。一方で症状が重い場合には、一定期間入院などをするケースもあります。入院は日常生活との隔離を行うものになりますので、日常生活への復帰が遅くなる傾向がありますので、かなり重度でない限りは、通院でカバーすることがほとんどです。また心身症の治療には根気が必要です。症状がすぐに改善しないと苛ついてしまったら逆効果なので、リラックスして治療に望みましょう。